読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごっちょ手記

非武雄市民のダラッとした話

#武雄市問題 の初心者向けガイド または私が如何にして武雄市を知ったか

 

みなさんこんにちは。はじめまして。

2014年6月5日にTwitterアカウントを作成した 強東風 @tsuyogochi です。

 

約1ヶ月にわたって武雄市問題を見続けていた私からの率直な感想を書き留めます。

 

 

Twitterでご存知の方もいるかもしれませんが、私は2014年4月17日まで佐賀県武雄市を知りませんでした。ただ私は九州出身で佐賀県長崎県も行ったことがあるので、近辺を通ったことはあるはずであり、視界に「武雄市」の文字が入ったことはあると思います。まあどうでもいいですね。

 

もともと私は「花まる学習会」と「高濱正伸」を危険視していました。ことさらに若者を悪く言い、自分のことを棚にあげてえらそうなことを言い続け、子育て中の母親を良いように洗脳する「高濱正伸」の存在を、誇張でもなんでもなく世の中を歪ませている原因だと感じていたのです。

まあそれもいいとして。

 

・2014年4月17日まで武雄市を知らなかった。

・花まる学習会を危ない塾だと考えていた。

以上の2点から、2014年4月17日の”武雄市の花まる学習会との提携発表記者会見”を見たとき、私は、

「花まる学習会が善良な地方自治体を騙している!!」

とか思ったものでした。

 

さてそこからは、暇を見つけては武雄市のことを調べる日々のはじまりです。

なにしろ私にとって花まる学習会は悪の組織です。

「花まるめ。どうやって武雄市に目をつけたんだ!」

できれば武雄市を救いたい。私はそう考えていました。

 

すると出てくるのが「武雄市問題」です。

およそ普通の自治体では目にしない、膨大な賛否の情報がわんさか出てきました。

「……なんだこれ???」

 

この時点で私は「ひまじんうんこ」の話も見ています。

しかし、政治家が「ひまじんうんこ」「君はゴキブリ以下」と言ったからといって、私はあまり問題視しません。揚げ足取りとしか思えないからです。まあ、政治家のくせに発言コントロールも出来ないのか。とは思いますが。

 

調べていると、武雄市図書館問題や自治体通販サイトJAPANsgの話なども出てきますが、何のことだかわかりません。とりあえず後回しにしようと思いました。

 

先述のとおり、私は花まる学習会との提携をまずは問題としていましたので、教育関係を検索。そういえばあの「文部科学省の"ほう"から来ました会見」では5人もいましたので、その関係を調べてみることにします。

 

鎌倉から武雄市へ:代田昭久氏 武雄市教育監人事について #たけお問題 - Togetterまとめ

 

ちょうどいいのがありました。

花まる学習会と提携する武雄市武内小学校の校長になる人物の話です。

「これは参考になりそうだ」

と思ったんですが。

なんか政治家ふたりがTwitterで言い争ってました。

 

 

 

正直にいうと、私はこの時点でも樋渡啓祐武雄市長をそれほど悪い人間には見ていませんでした。といってもちろん、中沢克之鎌倉市会議員が悪そうに見えたという意味ではありません。

私はそもそも、政治家が何を言っていても信用しないんです。

 

Twitterのいいところは名もなき人たちの生の意見が聴けることです。

 

 

 

金の髭 (@goldenhige) さんという方は、どうやら武雄市の市政を問題視している人のようだった。

 

 

まず見た感じ、おかしな人ではない。

ちょっと「法則」については分からないが、おそらくは一般市民であろう人が「警戒しておくべきだったと思っています」とまで言うほどのことが武雄市にはあるのか?と訝しく思う。

 

ちなみにこの時点で、私は私で独自に代田昭久氏について調べていたので、いうなれば答えあわせをしているような気持ちでした。

 

 

 

こちらの前田勝之 (@keikuma) さんという方も、私と同様の情報と感想を抱いているようだった。少なくとも感情的ではないし、理性的である。

 

だが私は、この時点でもまだどちらが正しいのか分からなかった。

 

確信的に判断を決めたのは、金の髭 (@goldenhige) さんの次のツイートを見てである。

 

 

 

これは、武雄市に新たな民間校長として迎え入れられる代田昭久氏が、以前に神奈川県鎌倉市の教育委員長になってくれと鎌倉市長から強引な推薦をされていた件に関連している。結局その件は鎌倉市議会で問題になって代田氏の辞退という形で終わり、何故か次に佐賀県武雄市へ現れたという顛末となっている。

で、金の髭 (@goldenhige) さんが言っているのは、その「代田昭久氏を教育委員長に!」という件で、石原伸晃大臣の推薦書があったのだが、その推薦書が偽造された疑いがあるという話に関連している。

 

なんだか複雑だが、分割して箇条書きにすると…

武雄市の民間校長代田昭久氏は、武雄の前に鎌倉で就活してた。

・「代田氏は鎌倉市の教育委員長にふさわしいよ!」という推薦書がある。

・その推薦書は石原大臣の署名入りだった。

・しかしその推薦書は偽造の疑いがある!とフライデーが報じた。

 

これが本当だとすれば、武雄市にやってきた代田昭久は、鎌倉市ではウソをついて就職活動していたことになる。

武雄市長の市政に反対する人たちとしては、とても都合のいい情報だ。

 

しかし。

 

 

金の髭 (@goldenhige) さんは非常に冷静だった。

 

実は私も、このフライデーの記事は知っていたのだが、偽造の話が本当かどうかの続報がなく、ハッキリしないと思っていた。

「疑わしきは罰せず」

の原則から考えると、推薦書偽造の件はあまり重くは見れない。

この点に関して、私と金の髭 (@goldenhige) さんはまったく同じだった。

 

フェアな人が武雄市の市政を問題だと断じている。

 

 

その瞬間、これまで見てきた武雄市に関する情報が色を帯び始める。

 

 

 

 

 

 

 

なるほど。

 

つまり、樋渡啓祐武雄市長も、高濱正伸花まる学習会社長と同族だったというわけだ。

 

そして私は、Twitterのアカウントを新規取得したのだった。